ジョジョリオン 66 植物鑑定人・豆銑礼(マメズクライ)のスタンド名『ドギー・スタイル』

植物鑑定人・豆銑礼(マメズクライ)のスタンド名『ドギー・スタイル』 | ジョジョリオン

植物鑑定人・豆銑礼(マメズクライ)のスタンド名『ドギー・スタイル』 | ジョジョリオンより引用

  1. ジョジョリオン 第66話ネタバレストーリー・あらすじ「植物鑑定人 その3」
  2. ジョジョリオン 第66話ネタバレ感想と考察
  3. ジョジョリオン 概要
  4. ジョジョリオンに登場する人物とスタンド一覧
  5. ジョジョリオンを連載しているウルトラルジャンプについて

ジョジョリオン 第66話ネタバレストーリー・あらすじ「植物鑑定人 その3」

リフトの上で豆銑礼(マメズクライ)が作ったスイーツ・ロマノフにスプーンをいれる康穂。

イチゴとロマノフクリームに感動する康穂。定助にいたっては涙を流すぐらいに感動する。

豆銑礼(マメズクライ)は、その評価に満足し、ミントカモミールを出す。

康穂は、豆銑礼(マメズクライ)についてイイ人判定をする。こんなに美味しいデザートを作れる人は絶対にイイ人だと判定基準も口にする。

そう評価されて淡々とする豆銑礼(マメズクライ)。

豆銑礼(マメズクライ)は、トイレに行かなくても大丈夫かという。

豆銑礼(マメズクライ)は、リモコン操作をして、リフトの隣の柱にトイレがあるという。オール電化で上にタンクに水をくみ上げているのでウォシュレットつきだという。眺めもいいが、気になるならシャワーカーテンをつけることができるという。

隣の柱に、突如現れた便器。そこにシャワーカーテンが便器を囲う。

康穂は、疑問をぶつける。

豆銑礼(マメズクライ)は、このリフトの上で寝泊りしているのかと。

豆銑礼(マメズクライ)は、少し訂正する。今座っているところはキッチンダイニングであって、リフト全体が豆銑礼(マメズクライ)の家だという。

賃貸だという。

1番の柱にはアナログレコードがしまってる。スピーカーは全体に設置してある。

2番の柱は、図書室とワインセラー。

3番の柱は、靴と衣類がしまっているクローゼット。

そういうと豆銑礼(マメズクライ)は、この住まいのことをどうかと聞く。

康穂は、下の畑を見て、荒れているという。

むっとする豆銑礼(マメズクライ)。

植物鑑定人・豆銑礼(マメズクライ)| ジョジョリオン

植物鑑定人・豆銑礼(マメズクライ)| ジョジョリオンより引用

豆銑礼(マメズクライ)は、素人の康穂に説明しても仕方ないと枕言葉をつけた上で説明する。

康穂が荒れていると見える原因の雑草は除草しないという。

闇金ウシジマくん 437 20億円の重さは200kg

20億円の重さ | 闇金ウシジマくん

20億円の重さ | 闇金ウシジマくんより引用

  1. 闇金ウシジマくん 第437話ネタバレストーリー・あらすじ「最終章 ウシジマくん23」
  2. 闇金ウシジマくん 第437話ネタバレ感想
  3. 闇金ウシジマくん 概要
  4. 闇金ウシジマくんを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

闇金ウシジマくん 第437話ネタバレストーリー・あらすじ「最終章 ウシジマくん23」

海老名に頼まれたものをポストに投函するウシジマ。

そんなウシジマの姿を監視カメラが狙っていた。

鯖野は不安を募らせていた。

鯖野は二十億円の金を強奪するのに、海老名と鯖野の二人だけだということに不安を覚える。

しかし、海老名は、相手も二人だから不意を突けば大丈夫だという。

いざとなったら始末するつもりで殴れという海老名に返事をかえせない鯖野。

一億円の金の重さを知っているかと聞く。

一万円札一枚の重さは約1g。一万円札が一万枚で10kg。二十億円は200kg。

車を停めているところまで金を担いで走って逃げる。一人50kg。つまり一人五億円が限界。

警備の人間は、室内から地下駐車場の車に移すだけでも手錠でガードしている。

だから、一応、手錠やトランクを壊す手斧を持ってきたという海老名。

強盗を計画する海老名と鯖野 | 闇金ウシジマくん

強盗を計画する海老名と鯖野 | 闇金ウシジマくんより引用

最悪、壊れないときは、腕を切り落とすという。

億単位だから警備している奴も必死。手を抜いたら失敗する。

鯖野は、警備している奴が知っている奴だとしたらどうすると聞くも海老名は知らないという。どうせ、獅子谷に拷問されるからと。

それに人数は少ないほうがいいという。分け前が減るから。海老名は折半でいいよなと鯖野の確認する。

震えが止まらない鯖野。

鯖野は、計画を先送りにして、警備の人間を抱きかかえたほうが確実なんじゃないかと言い出す。

海老名は鯖野に、以前池袋の店長が5000万円盗まれた話を知っているかと聞く。地元の先輩が犯人でその後、獅子谷に捕まってひどい目にあったことを知る鯖野。

しかし、真相が違っていて、地元の先輩に盗まれたのは池袋店長の自作自演だった。池袋の店長は、ひどい拷問を受けて、山に埋められたという。

獅子谷は疑り深い。まず警備の人間を疑う。無実であっても自供させる酷い拷問。だから、警備の人間を抱きかかえてたらすぐに自分達の名前を履くだろうという海老名。