タグ別アーカイブ: 今週のイブニング ネタバレ感想

イブニングのネタバレ感想。イブニングについて。 隔週刊(第2・第4火曜日発売)の週刊青年漫画雑誌。基本的にオリジナル新作の連載が主体であるが、月刊誌時代は既存作品の続編作品の連載と読切作品の掲載が中心であった。本誌創刊後は『モーニング』における職業ものの社会派作品の比率が高くなったため、『モーニング』で従来扱っていたギャグ漫画ものやスポーツ漫画・SF漫画など娯楽性の濃い青年漫画の新規作品、あるいは読切作品が本誌および『モーニング・ツー』で扱われる傾向にある。

いぬやしき 最終話 ジャンプの新人賞に入選する犬屋敷麻理

父親のことを聞かれて言葉に詰まる麻理 | いぬやしき最終話

父親のことを聞かれて言葉に詰まる麻理 | いぬやしき最終話より引用

  1. いぬやしき 最終話ネタバレストーリー・あらすじ
  2. いぬやしき 最終話ネタバレ感想・考察
  3. いぬやしき 概要
  4. いぬやしきを連載しているイブニングについて

いぬやしき 最終話ネタバレストーリー・あらすじ

地球に迫ってきた巨大隕石。人類の力では衝突は回避できなかった。絶望する地球。その巨大隕石を自爆することで守ったいぬやしきと獅子神ヒロ。

守られた地球はなんでもない日常に戻っていた。

女子高生の会話 | いぬやしき最終話

女子高生の会話 | いぬやしき最終話より引用

麻理が通う高校でも隕石消滅は話題になっていた。

麻理を取り囲む女子高生は、隕石消滅はアメリカのおかげだと話し合っていた。

アメリカさまさまだと。

そんな話題に入っていけない麻理。

隕石消滅の真実を知る数少ない人間の一人。

女子高生たちは、話題を麻理のお父さんに変える。

一人の女子高生が、いなくなった麻理のお父さんが帰ってきたかを麻理本人に聞く。そのことを知らなかった女子高生は、何があったのかと聞く。

言葉がでない麻理。

麻理は、涙を浮かべ蹲る。

麻理の母親は、パートで働くも身に入らない。

カツアゲされる麻理の弟 | いぬやしき最終話

カツアゲされる麻理の弟 | いぬやしき最終話より引用

麻理の弟は、屋上でカツアゲにあっていた。

父親が失踪して、母親がパートで働いているからカネはないというもカツアゲするほうは、万引きしてでもカネを作ってこいと麻理の弟の頭を殴る。

あと1時間待つから1万円集めて来いと命令する。

いぬやしき 55 試験運転で1日100人を○害する獅子神。明日から1000人に増やすと宣言。

いぬやしき 第55話ネタバレストーリー・あらすじ「試験運転」

小学生のスマートフォンに現れる獅子神。小学生も獅子神だと認識する。

獅子神は、35と言い、小学生にスマートフォンを耳に当てるようにいう。

小学生は、スマートフォンを耳に当てようとしたその時。

緊急警報で国民にスマートフォンを捨てるように呼びかける | いぬやしき

緊急警報で国民にスマートフォンを捨てるように呼びかける | いぬやしきより引用

緊急警報が鳴り響く。

スマートフォンから、スマートフォンを今すぐ捨てるよう警報が鳴り響く。

獅子神は、スマートフォンを使って○人を行うため、今すぐスマートフォンを捨てるように呼びかける。

少年は、その呼びかけに従い、スマートフォンを捨てる。

街中のひとたちも同じような緊急警報が鳴り響き、スマートフォンをすぐに捨てるように言われ、皆がスマートフォンを捨て始める。

獅子神は、その仕掛けに気づく。

この緊急警報を呼びかけたのは獅子神のクラスメート安堂だ。

チョッコーが妨害していることに気づく獅子神 | いぬやしき

チョッコーが妨害していることに気づく獅子神 | いぬやしきより引用

安堂の声を聞いて、笑う獅子神。ここで獅子神は疑問に思う。安堂というただの高校生がどうやって、国民のスマートフォンに呼びかけたのか。

緊急警報を仕掛けていたのはいぬやしき壱郎だ。いぬやしき壱郎が電波ジャックをして、全スマートフォンに緊急警報で呼びかけている。

その呼びかけに少しずつ国民も反応する。

スマートフォンを捨てる。
スマートフォンをバッグから出さない。
スマートフォンの電源を切る。
スマートフォンのコールに出ない。

チョッコーの回避策も無駄だという獅子神 | いぬやしき

チョッコーの回避策も無駄だという獅子神 | いぬやしきより引用

しかし、獅子神は、大スクリーンに登場して、スマートフォンを捨てても無駄だからと宣言し、○人の続きを始める。

獅子神の○害が再開される | いぬやしき

獅子神の○害が再開される | いぬやしきより引用