タグ別アーカイブ: サンデー ネタバレ感想

週刊少年サンデーのネタバレ感想。週刊少年サンデーについて。毎週水曜日発売の週刊少年漫画雑誌。本誌の傾向としては、特にラブコメディと恋愛漫画にノウハウと強みを持っていることが挙げられる。特に、中長期連載となった作品ではその傾向が強く見られる。また、主なジャンルがそれでなくても作中のエピソードなどで恋愛及びラブコメ的な要素を色濃く匂わせる作品も多い。その一方で、少年漫画雑誌とは思えない社会を絡ませた重厚な内容の作品が掲載されることも時折見られる。

双亡亭壊すべし 第1話 うしおととらの藤田和日郎の新連載

うしおととらの藤田和日郎の新連載カラー | 双亡亭壊すべし

うしおととらの藤田和日郎の新連載カラー | 双亡亭壊すべしより引用

双亡亭壊すべし第1話ネタバレストーリー・あらすじ「壊れずの家」

これから話すのは、どの町にも必ず一軒くらいはある、『幽霊屋敷』の物語。

ひい
ふう
みの

天神サァマの
境内よォりも
ひぃろい
お屋敷
見ぃつけた

だけど、その屋敷は特別製で抜群に奇妙だった。

沼半井の大旦那
道楽者のぱぁぷぅ絵描き

ねじれ くびれた
『双亡亭』で
じぶんも
ぺらぺら
いとまごい
いつ
むう
なな
やぁ
ここのつ
とぉ

君は聞いて行くかい?
このとんでもない屋敷のハナシを。

うしおととらの藤田和日郎の新連載カラー | 双亡亭壊すべし

うしおととらの藤田和日郎の新連載カラー | 双亡亭壊すべしより引用

双亡亭に入った学生服を着た少年少女。アツシとシンは懐中電灯を照らして、双亡亭に入ってからいなくなったナナを見つける。

ナナの手を取って、双亡亭から出ようとするアツシとシン。しかし、出口がわからない。

入口に向かってあるはずが奥に入っていっているような。双亡亭をボロ屋敷と罵るシン。シンはアツシが双亡亭を探検しようと言い出したことを指摘する。

アツシは何かに気づく。

MAJOR 2nd(メジャーセカンド) 35 キャッチャーとしての頭角を現す茂野大吾

キャッチャー茂野大吾 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

キャッチャー茂野大吾 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)第35話ネタバレストーリー・あらすじ「大吾の判断」

光の○投で、ボールを捕れず後ろに見逃してしまう大吾。

相手チームの監督はここぞとばかりに三塁ランナーをホームに走らせる指示を出す。

ファーストにいた卜部は、大吾にボールの所在を教える。

光の投げたボールはバックボードに当たり、勢い良く大吾のキャッチャーポジションまで戻ってきた。

それをみた相手チームは三塁ランナーを三塁に戻す。

運よく逆転サヨナラの場面はなくなった。

セットポジションをできない光に罵声を浴びせる卜部 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

セットポジションをできない光に罵声を浴びせる卜部 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

卜部は、○投した光に罵倒を浴びせる。スリーボールだからスピードを抑えてでもストライクを投げろという。

タイムが取れないから田代監督も助言のしようがないと思う。

大吾は、立って光に叫ぶ。

光にワインドアップに戻すように指示を出す大吾 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

光にワインドアップに戻すように指示を出す大吾 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

セットポジションはいいからワインドアップに戻せと指示を出す。

そのことで、相手チームにも光がセットポジションができないことを知る。

ホームスチールされる危険性はあるが、ホームスチールするのも相当勇気がいる。相手チームも今回の絶好のチャンスをやすやすと潰したくないだろうし、セットポジションではストライクが入らないのであれば、大吾の判断は正しいかもしれないという寿也。

ワインドアップに戻してストライクが入るようになる光 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

ワインドアップに戻してストライクが入るようになる光 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用