タグ別アーカイブ: ジャンプ ネタバレ感想

週刊少年ジャンプのネタバレ感想。週刊少年ジャンプについて。毎週月曜日発売の週刊少年漫画雑誌。雑誌キーワードは「友情」「努力」「勝利」。すべての掲載作品のテーマにこの要素または繋がるものを最低1つ、必ず入れることが編集方針になっている。これは同誌の前身とも言える月刊漫画雑誌『少年ブック』の編集方針から受け継いだものであり、元は小学校4年生・5年生を対象にしたアンケート(「一番心あたたまる言葉」「一番大切に思う言葉」「一番嬉しい言葉」)によって決められたものである。基本的に掲載作品は格闘・アクションやギャグ・コメディ、スポーツ物などが主流であるが、SF・ファンタジーや冒険物、ラブコメ、社会派・ドキュメンタリー作品なども数多く掲載された。

ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第5話 三浦鷹山vsロボの行方

三浦鷹山の「紫電一閃」 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

三浦鷹山の「紫電一閃」 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

  1. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第5話ネタバレストーリー・あらすじ「違和感」
  2. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第5話ネタバレ感想
  3. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)の概要
  4. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)を連載している週刊少年ジャンプについて

ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第5話ネタバレストーリー・あらすじ「違和感」

三浦鷹山の勝負の第一ホール(パー4)

チップインイーグルを決めるロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

チップインイーグルを決めるロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

三浦鷹山はバーディを狙うもロボは2打目でチップインをしてイーグルを出し、勝利する。

ロボがイーグルをとったことに、トモヤも三浦鷹山も驚愕する。

トモヤはどうやって入れたのかとロボに聞くと、ロボは近くに150という表示があり、あと150ヤードの距離だと考えた。

150ヤードならゴルフ練習場で何度か打っているのでそのつもりで打ったら入ったという。

勝負の二番目のホールは、パー3の182ヤード。

ロボはこのホールが短いことに気づく。

トモヤは解説する。

ゴルフのホール解説 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ゴルフのホール解説 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

ゴルフのホールは3種類の形があり、

ショートと呼ばれるパー3は、3打でカップインが目標のホール、

ミドルと呼ばれるパー4は、4打でカップインが目標のホール、

ロングと呼ばれるパー5は、5打でカップインが目標のホール、

だと説明する。

ショートならホールインワンするというロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ショートならホールインワンするというロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第4話 ゴルフ場デビューでガチキレ三浦鷹山vs悪気なしロボ

ゴルフに命をかける三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ゴルフに命をかける三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

  1. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第4話ネタバレストーリー・あらすじ「鷹山vsロボ」
  2. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第4話ネタバレ感想
  3. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)の概要
  4. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)を連載している週刊少年ジャンプについて

ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第4話ネタバレストーリー・あらすじ「鷹山vsロボ」

剣道が嫌いになったわけじゃない。むしろ、それまで自分の中で一番にあるものだった。

剣道の師範である父から学び、物心つくころには既に竹刀を握っていた。

三浦鷹山の父はいう。

幼少期の三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

幼少期の三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

真剣にやりなさい。

礼節を学び、精神を鍛えることは忘れてはいけない。

元は刀。人を斬る道具を扱う鍛錬から発展したもの。勝負に負ければ亡くなる。それぐらいの気持ちで日々の稽古に励め。

それが真剣にやるということだ。

ゴルフに出会い、その楽しさを知り、自分の中でゴルフが一番に変わった。

しかし、真剣にやるということは替っていないと語る三浦鷹山。

ゴルフは命をかけてやっている。

だから、トモヤの話が本当なら三浦鷹山にはロボの姿勢はガマンできない。

ロボはそれだけの技術を持っていながらゴルフをやる気はないのかと三浦鷹山は聞く。

ゴルフのやる気はないと応えるロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ゴルフのやる気はないと応えるロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

ロボははっきりとやる気はないと応える。

今度はロボが応える。

改めて言われるとこの勝負を受けたのか自分でもわからない。気まぐれかもしれない。自分の気持ちがわからない部分もあるが、勝っても負けてもやる気はでないと思うとはっきりと応える。

ガチキレする三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ガチキレする三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用