はじめの一歩 1161 一歩の鴨川ジムへの帰還と宮田一郎のショックの原因

鴨川ジムに帰ってくる一歩 | はじめの一歩

鴨川ジムに帰ってくる一歩 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1161話ネタバレストーリー・あらすじ「明けた空」
  2. はじめの一歩 第1161話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1161話ネタバレストーリー・あらすじ「明けた空」

南雲の世界戦のための最終調整に南雲流次vs.宮田一郎のスパーリングをする。

そこで、宮田は南雲の強さを認める発言をする。

その発言に集まった記者たちが声を上げる。

南雲は、もう少し、宮田とスパーリングをしたかったというもジム関係者は贅沢をいうな大収穫。理想的な最終調整ができたと手を叩く。

このままの調子で三週間後に世界戦だとはっぱをかける。南雲も世界と獲ると意気込む。

南雲の強さが証明されたのであれば、一歩が弱くなって倒れたのではない。純粋に倒されたと考える記者。

記者団は、宮田に南雲がどんな試合展開になるか予想を聞く。

宮田一郎の南雲への評価 | はじめの一歩

宮田一郎の南雲への評価 | はじめの一歩より引用

宮田は簡潔に、スピードがあり、リズムも独特で世界チャンピオンでも嫌がるだろうという。

そこで、宮田の父親がインタビューはそこまでにしてと止める。インタビューするなら世界挑戦をする選手にと。

南雲の実力が本物なら一歩のパンチドランカーの疑惑は晴れる | はじめの一歩

南雲の実力が本物なら一歩のパンチドランカーの疑惑は晴れる | はじめの一歩より引用

これで南雲は単純に強かったのなら一歩は壊れていないということになると考える。

南雲たちは意気揚々と帰って行く。

宮田の父親は、南雲たちを自信をつけて帰させてしまったぼやくも、日本人に世界チャンピオンが増えるならよしとするかと自己解決する。

宮田の父親が窓をあけると雨はあがっていた。

宮田は雨がふっていたことすら気づいていなかった。

雷もなる雨だったことに気づかなかったのかと父親が聞くと、宮田はショックだったと応える。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です