闇金ウシジマくん 435 獅子谷と熊倉に一億円を要求されて八方塞になったアパレルブランド・サンバービィの竹本と吉澤。ハブの登場

電話を切った竹本。家具が一つもない部屋で、カップラーメンの麺がのびて、今後どうするかに途方に暮れる竹本。

闇金ウシジマくん 第435話ネタバレ感想

吉澤、必死過ぎて竹本との価値観が違いすぎることに気づいていない。気づいていないからこんなことになったんだろうけど、竹本もでかくすることが目的じゃないなら吉澤を途中から止めさせればよかったのに。

2017年6月5日発売 今週のスピリッツ「闇金ウシジマくん」を読んで。

闇金ウシジマくん 概要

闇金ウシジマくんは、10日5割(トゴ)の超金利闇金融『カウカウファイナンス』の営業者・丑嶋馨の日常と、カウカウファイナンスに訪れる客およびその関係者の様々な人間模様と社会の闇を描いたストーリー。

闇金ウシジマくんを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

週刊ビッグコミックスピリッツは、毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。テレビアニメ化された作品は比較的少ないが、1990年代以降のトレンディードラマの台頭によって、柴門ふみの作品をはじめとしてテレビドラマ化された作品は多い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です