リアル コミック1 存在がお笑いのような野宮サイコー!

リアル

(『リアル』より引用)

リアル 概要

右足を失ってから車椅子バスケに取り組む戸川清春。高校中退のバスケットボールを部活でやっていたバスケットボールを愛す野宮朋美。野宮朋美の同じバスケ部だったが交通事故で下半身不随になり、車椅子バスケに活路を見出そうとする高橋久信。この三人がバスケットボールという接点で話が展開されていく漫画。

リアル 今回のあらすじ

山本夏美をナンパしてバイク事故にあい、夏美を歩けなくして野宮は西高を中退することになった。夏美を車椅子で連れ出すと体育館でバスケットボールの音が聞こえる。野宮はそこで戸川清春と出会う。

後輩のマサキをイジめていることを知った野宮は古巣のバスケットボール部に果たし状をたたきつける。その時、勝ちにこだわりバスケットボールを愛する戸川を呼び、2on2で勝負する。

夏美が長野の病院に移動したことを知り、長野までの旅費を稼ぐため、賭けストリートバスケで稼ぐ。戸川もそれに乗る。そこで、後にチームメイトとなるナガノミツルと出会う。

一方で、西高バスケで幅を利かせてた高橋が交通事故で歩けなくなる。

そして、戸川はミツルに勝つためにタイガースに戻るのだった。

リアル

(『リアル』より引用)

リアル 今回の感想

野宮の乱○者なんだけど、純朴というか素直というかそういうところがイイ。戸川と初めての勝負の時も「ハンデ」として同じ車椅子に座ったり(圧倒的なハンデになっちゃうこともわからずに)、何事にも全力を尽くす。友人のためなら一肌着替えるタイプ。

賭けバスケで車椅子は卑怯だと批難する相手に戸川の車椅子はマシン脚で、それは戸川の才能だと言い切る野宮。

仲いいわけじゃないのに戸川と行きぴったり。なんだか漫才みたいに見える。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です