いぬやしき 未知のテクノロジーの性能

いぬやしき

(いぬやしきより引用)

いぬやしき 概要

家庭では、信頼も威厳もない。会社では出世もない。そんな冴えない58歳の初老の主人公いぬやしきがある日宇宙からの落下物で命を落としてしまう。しかし、その落下物は未知のテクノロジーを持ち、機械として蘇る。

いぬやしき 2人に衝突した謎の物体について

犬屋敷壱郎と獅子神皓に激突した謎の物体の会話は以下の通り。

A「被害は?」
B「こちらはありません。しかし、この星の知的生命体を2体破壊してしまいました」
A「復元可能か?」
B「不可能です
A「ではすみやかに表面的にだけでも復元しろ」
A「我々が干渉していないかのように偽装しろ」
B「兵器ユニットしかありませんが」
A「まて、この星が滅びてしまうぞ!」
B「知るか!できるだけ早く離脱するぞ!」

Bが衝突した物体でAがBと交信する何者か。
「この星」といっているので地球外生命体であろう。

いぬやしき

(いぬやしきより引用)

犬屋敷壱郎を機械として復元するために人間の体のようなフォルムにデザイン設計している球体の物体にそこで働く小さな小人の存在がある。丸い物体が宇宙船であり、兵器ユニットなのかもしれない。そこから機械の体を建造しているように見える。離脱するといっているので、丸い物体に乗って帰っていったのではないか。

そして、兵器ユニットを使って復元しているからAが「星が滅びてしまう」と危惧している。

いぬやしき 2人の機械の体

いぬやしき

(いぬやしきより引用)

いぬやしき

(いぬやしきより引用)

頭部や背中の設計デザインからみて同タイプの機械だと思われる。細かい突起物などは「兵器ユニット」から復元されているので「兵器」だと想定するなら、相当な大量○戮兵器だと予想する。

また、完全復元しなかった割に壱郎や皓の記憶は完全復元しているのは、コンピューターに記録したということなのだろうか。

いぬやしき 2人の機械の性能

コンピュータをジャックする能力
インターネット、アカウント、テレビなどの電波、車などコンピュータが入っているものはおそらく全て操る事ができる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です