ゴールデンカムイ コミック1巻感想 のっぺら坊はアシリパの父親

ゴールデンカムイ 杉元佐一

(ゴールデンカムイより引用)

ゴールデンカムイ 概要

日露戦争で戦○した親友の願いを叶えるため、大金を求める元軍人・杉元はアイヌの遺した金塊の手がかりを求め、一攫千金を夢見て北海道の地を訪れる。知り合ったアイヌの少女とともに警察や競合者たちの追跡をかわしながら、手がかりを追い求める。

ゴールデンカムイ 今回のあらすじ

日露戦争で「不○身の杉元」と呼ばれた男は、戦争から帰還した後、戦○した親友の嫁と子供を食べさせるため大金を求め、北海道の地で砂金探しをしていた。明治時代のはじめ、北海道では砂金がとれるとゴールドラッシュに沸いていた。まだ採れると聞いて杉元は北海道の山奥の川で地道に砂金取りに励む。しかし、砂金の一粒もでてこない。そんな貧乏暮らしをしている杉元に、話しかけてくる酔っ払いがいた。

その酔っ払いの話だと、アイヌ民族が本州の人間と戦うために貯めていた金塊を強奪した男がおり、その男は刑務所に留置されているが、金塊の在り処を記した暗号を脱獄囚の体に刺青として彫り、全員の刺青を合わせた時に初めて金塊の在り処をわかるようにしたという。

杉元は、ホラ話だと思っていたが、喋った酔っ払いがその後、喋り過ぎたと杉元を○しにきた。逃げた酔っ払いを追うが酔っ払いはヒグマに○されていた。その時、その酔っ払いの体には刺青があり、杉本は酔っ払いを背負って下山しようとする。その時、酔っ払いを○したヒグマに襲われる。

その時、アイヌの少女に助けられる。アイヌの少女はアシリパという。倒したヒグマが酔っ払いを食べたわけではないとわかり、食べた張本人は危険なクマでまた襲ってくるといわれ、食い残しの酔っ払いの○体は捨てるように言われるが、杉元は捨てられない理由をアシリパに話す。

信じられないような話だったがアシリパは信じた。なぜならその○されたアイヌの人の中に父親がいたという。アシリパは気づいた。刺青を彫った男は、脱獄囚を生きたまま、金塊を山分けするつもりは毛頭なく、刺青は最初から皮を剥いで繋げられるように彫られたものだった。

杉元とアシリパは、まず酔っ払いを○したヒグマ対策のために大きな焚き火をし、囮にした酔っ払いの○体を食べに来たところを毒矢で狙うつもりだったが、薪を集めている時に現れてしまう。杉元は正拳突きをするもヒグマには効かず、焚き火を散らされてしまい、真っ暗になってアシリパは毒矢で狙うことができなくなった。杉元はアシリパの助言通り、ヒグマの腹にしがみつき剣で横腹を刺す。その痛みで動いたためアシリパの矢が頭蓋に当たり弾かれてしまう。アシリパの場所を知ったヒグマは一直線にアシリパに体当たりをして危機に陥る。

そこに白い大きな狼(レタラ)がアシリパを助けに来た。止まったヒグマの横腹に杉元が銃で1発当て、立ち上がって覆いかぶさってくるヒグマに銃剣で止めをさした。

こうして、杉元とアシリパの金塊の手がかりである刺青をした囚人を探すことになった。

ゴールデンカムイ アシリパ レタラ

(ゴールデンカムイより引用)

ゴールデンカムイ 今回の感想

一攫千金狙って北海道まできた杉元が、アイヌの金塊強奪事件の話を聞いてそれを奪おうと金塊強奪サバイバルがはじまる。

この作品は、元軍人の杉元とアイヌの少女アシリパのコンビが良い緩急を産んでいる。地元の雪山や森ということでアシリパのサバイバルスキルが光りながらも杉元の軍人としての強さも見える名コンビ。

それにしても森に狩りに出ることが多いアシリパといっても対人間での対応能力も高い。何者だと思うぐらいに。

そこまで証拠はないけど、アイヌの金塊を強奪して網走刑務所に収監されているの通称「のっぺら坊」はアシリパの父親じゃないかなと予想する。

アシリパは「父親らしき」という残骸を見たというが、「父親らしきもの」を残すために「のっぺら坊」になった可能性が高い。

手が器用な男は、生活力を見れるためにアイヌではモテるとアシリパは言った。金塊の在り処を刺青にした、その手こそ器用で美的センス(絵を心で描く能力)が高いということ。それもアシリパの父親の情報に重なる。

ただ目的は不明。仲間の金塊を奪って、自分が○んだように見せておいて、何がしたかったのかは不明。

アシリパの母親に関係しているのか。母親の話がでてこないから…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です