食の軍師 8 バイキングの軍師

食の軍師

(食の軍師より引用)

食の軍師 今回のあらすじ

今回は、バイキングの軍師。本郷は、投げやり漁港の近くにあるバイキングレストランにはいる本郷。本郷は、バイキングにかけて、いや、ある人気漫画にかけて海賊王になると宣言する。

バイキングに挑むには、一食抜くのは愚の骨頂。バイクングに行く6時間前に粥を食べて、軽い運動をし、ベストコンディションにしておく。バイキングの列に並ぶ女性たちをみて、皆、敵に見えるという本郷。

今回のバイキングは、ステーキ、天ぷらをその場に焼き揚げているライブキッチンがあり、その奥にはカニが並ぶ、そこは行列が必○。本郷は、そこに群がっている敵兵をかわしながらどう攻めるか。すぐに蟹にむしゃぶりつきたいところだがぐっとこらえる。

バイキングの兵法とは取捨選択。あれもこれも食べたいという欲望をおさえてこそ、バイクングの悟りがひらける。

食の軍師 異文化混合の陣

(食の軍師より引用)

第1陣は、寿司。寿司界の金閣銀閣であるウニといくらをとり、ビーフシチューをとる。寿司屋でも洋食屋でも実現できない「異文化混合の陣」。カオスこそがバイキングの醍醐味。

揚げ物にカレーにスパゲティ。他人の皿をみて、下品と評する本郷。更に、他の客のテーブルをみて、炭酸系の飲み物をみて、腹はふくれる炭酸はNGと評す。

食の軍師 足4ハサ1ズワイ半身の陣

(食の軍師より引用)

第1陣を意気揚々と食べた本郷は、第2陣をとりにいこうと席を立ったその時、力石が入店してくる。思わす隠れる本郷。開店並んでまできた本郷に対して、列がなくなる頃合いでやってきて、無駄のない動きでお茶を組み、席を決める力石。その動きに一切の無駄がない。本郷は、力石も最初は視察からだと予想するが、力石は大本命である蟹をいきなりとりにいく。力石はサラダでカモフラージュされているが「足4ハサ1ズワイ半身の陣」で攻めて来た。それを見た本郷は高笑いする。カニは時間がかかる。その間に、第2陣をとりにいく本郷。

第2陣は、天ぷらエビ、カレー、寿司、パエリア、麻婆豆腐、鮭、などの「ハッケヨイテラコッタの陣」で攻める。いろんな食べ物を少しずつというバイキングの良さを、1種2口というボリュームでよそってくる本郷。自分の兵法に酔いしれる。

食の軍師 ハッケヨイテラコッタの陣

(食の軍師より引用)

ホテル側の従業員が、本郷たちを評する。本郷のようにいろんなものを少しずつ食べてくれる客が「カモ」。逆に力石のようにカニばかり食べる客が要注意だと。そういわれていることも知らずに悦に入っている本郷。力石をみると、第2陣もズワイガニで攻めているのをみて思わず立ち上がる。それをみた力石は笑顔で会釈する。本郷も仕方なく会釈する。さらに本郷は力石のテーブルにズワイガニ以外を見つけるフォワグラのソテーだ。

ホテル側は、カニやフォワグラといった原価の高いもので客を釣っておいて、原価の安いものを豊富に用意して目移りさせる作戦。

本郷は、大物を食べないとと思い、第2陣を早々に切り上げる。そして、ライブキッチンにいき、ステーキをレアで2枚オーダーする。その時、限定のジャンボハンバーグがやってきて、本郷はそれも第3陣に加える。

ホテル側からするとステーキも原価はそれほど高くない。牛を一頭買いしているからだという。そんなことも知らずに本郷はステーキを食べる。そして、嗜好品も頼む。ステーキを食べ、ハンバーグを食べ、かなりの満腹感になる本郷。そして、最後にズワイガニを食べようとする本郷だったが、ズワイガニは売り切れてしまう。それをみた力石は笑ってしまう。力石は意気揚々とデザートを食べている。

食の軍師 今回の感想

ホテル側のいう原価が高いものばかり食べるのはコスパ厨ならよくやること。ただそれを気にして食べるのは「お得した」をとりにいくせいで純粋に食事を楽しめないようで、結局、損していると思う。力石は「得してやろう」と食べていないだろうから、ナチュラルに「得」した上で食も楽しむのだろうけど。ホテル側が儲かろうが損しようが好きなものを食べるのがバイキングの楽しさだと思うけどね。腹一杯でもう食べられないと思うのも楽しみのひとつだと思う。

ホテルのカニなんて所詮、ロシアかどっかから買ったものだろうし、得もへったくれもない。と、ホテルで働いていた私はそう思う。ある蟹で有名な土地のホテルで、その土地の蟹はやっぱり美味しいわーと客は食べてたけど、ロシア産だった。メニューの表記にも一切、地元産とは書いていないので嘘ではない。でもみんなは地元産の美味しい蟹だと思って食べてた。

ちなみにバイキングの発祥は、ラスベガス。北欧でもなんでもない。

食の軍師 概要

主人公である「本郷」は、人一倍食事にこだわる中年男。自らの内なる「軍師」の助言に従って、種々の飲食店を食べ歩いては、完璧なる食の組み立てを追い求めている。そして彼の目の前に、ライバルとなる「力石」が立ちふさがる。


食の軍師 8 バイキングの軍師」への2件のフィードバック

  1. amarift

    「バイキングの発祥」でググってみたら「食べ放題」(BUFFET)はともかく「バイキング」は帝国ホテルが始まり(しかも北欧の「スモーガスボード」を参考にしている)で、
    ラスベガスでもなんでもない感じでしたが..w

  2. soz 投稿作成者

    >amariftさん
    Webで調べる限りはamariftさんの言うとおりの記事がヒットしますね。
    アメリカの番組でラスベガスて紹介してたのを信じてた。。。あれはネタだったのか。
    指摘ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です