ワンピースパーティー 1 原作を超えた絵クオリティ

「ワンピースパーティー」ワンピースパーティー

「ワンピースパーティー」ワンピースパーティーより引用

ワンピースパーティー 概要

大人気漫画「ワンピース」公式スピンオフマンガ。「ワンピース」の世界を完全再現したギャグ漫画。ルフィが、ナミが、ロゾが、サンジが、デフォルメして登場。

ワンピースパーティー 今回のあらすじ

ストーリーテラーとしてウソップが登場。相方としてチョッパーがウソップと今回の見所などの会話のキャッチボールをする。”伝説の肉”というキーワードにチョッパーは興奮する。

第1話”伝説の争奪デスマッチ”

偉大なる航路(グランドライン)の天気は良好晴れときどき海獣。ルフィたちの行く手にゴーイングメリー号よりも遥かに大きいライオンの顔をした巨大な海獣・海ライオンが現れた。

ナミ、チョッパー、ウソップ、フランキー、ロビン、ブルックが驚く。ロビンはウソップを囮にしようと提案するもウソップに却下される。彼らの頭上を飛ぶ影が見える。

「ゴムゴムのJET銃(ジェットピストル)」ワンピースパーティー

「ゴムゴムのJET銃(ジェットピストル)」ワンピースパーティーより引用

「ゴムゴムのJET銃(ジェットピストル)」

とルフィが海ライオンの顔面にパンチを当てる。ウソップやチョッパーは海ライオンを怒らせないようにルフィに縋る。ルフィのパンチは効いていない様子だった。チョッパーはゾロに助けを求めるもゾロは寝ている。サンジが出てきて、ナミとロビンにお茶を出すもナミにそんな状況じゃないとツッコミを入れられる。

ルフィはサンジとの合体技で海ライオンをやっけるという。ルフィはサンジの足を掴み。

「空軍(アルメ・ド・レール)ゴムシュート」ワンピースパーティー

「空軍(アルメ・ド・レール)ゴムシュート」ワンピースパーティーより引用

「空軍(アルメ・ド・レール)ゴムシュート」

サンジはルフィを海ライオンに目掛けて蹴り出した。サンジの蹴りとゴムの反動でものすごいスピードで海ライオンに突進するルフィ。額を武装色の覇気に変化させて、頭突きを海ライオンにいれ、倒す。

海ライオンの口から人魚らしきものが吐き出される。サンジは、ケイミーではないかと目をハートにして待ちわびる。落ちてきた人魚らしきものは、ココロ婆さんだった。サンジは青ざめる。ブルックは初めてジュゴンを見たという。その間にせっかく倒した海ライオンを逃がしてしまう。

腹減っていることを知ったココロは近くの島で伝説の肉「ニクニクの肉」が売りに出されるという。「ニクニクの肉」という言葉にルフィをはじめみんながよだれをたらす。いや、よだれをたらしているのはルフィだけ。

突然、砲撃を受ける。海軍の軍艦がゴーイングメリー号に向けて発砲していた。その海軍から逃げて伝説の肉「ニクニクの肉」をいただくために、ゴーイングメーリ号は「風来(クード)バースト」をして飛んで逃げる。

「風来(クード)バースト」ワンピースパーティー

「風来(クード)バースト」ワンピースパーティーより引用

伝説の肉「ニクニクの肉」がある街に到着する麦わらの一味。そこに、お料理格闘かのワンゼがやってきて、鼻からラーメンを出す。ルフィはワンゼを仲間に誘うもロビンが、コックが2人になるという。

伝説の肉「ニクニクの肉」のお披露目。3000万ベリーの肉を懸賞金と同じ額のウソップを差し出すナミ。ココロばあさんが助けてくれたお礼に安くしてくれと値引き交渉すると3000ベリーになった。ルフィは肉をくれというと、同じ肉をくれという2人がいた。トラファルガー・ローとスモーカーがいた。

伝説の肉「ニクニクの肉」を三人が取り合う。

続きは最強ジャンプにて。

伝説の肉「ニクニクの肉」ワンピースパーティー

伝説の肉「ニクニクの肉」ワンピースパーティーより引用

ワンピースパーティー 今回の感想

クオリティが高い。線もすっきりしていてギャグ漫画として「迫力」よりも状況把握のしやすさが大切だと思うので、すっきりしている線はとてもいいともう。すっきりな絵柄という点では本家よりも読みやすいかもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です