だがしかし 54 祭りのカタヌキで5000円ゲットする方法

夏祭り「カタヌキ」だがしかし

夏祭り「カタヌキ」だがしかしより引用

だがしかし 概要

だがしかしは、だがし(駄菓子)をテーマにした新感覚だがしコメディー漫画。駄菓子屋を息子に継がせたがっている父親。その父親を自分のお菓子カンパニーに入社させたい社長令嬢。そして、駄菓子とは関係ない漫画家になりたい息子の主人公。そんな者たちのだがしコメディ。クラブサンデーで「だがしかし」の1~3話が無料で見れるので見て欲しい。

だがしかし 今回のあらすじ

ココノツの街に夏祭りがやってきた。祭りをみたほたるは感動する。ココノツと友人トウは予算の発表をする。トウは3000円。ココノツは2500円。ほたるは200円。

ほたるの少ない予算ではカキ氷すら買えない。そこでほたるが指差す先の屋台は「カタヌキ」だった。

カタヌキは、様々な型を綺麗に抜き出すことができればお金がもらえるという商売。難易度によってもらえる金額も違う。

夏祭り「カタヌキ」だがしかし

夏祭り「カタヌキ」だがしかしより引用

ほたるは優等生のように語るもコウもココノツも必ず難癖をつけられて賞金はもらえない。それがカタヌキだ現実を教えるもほたるは1回100円を購入していた。しかも難易度が高いチューリップを選択していた。チューリップは型抜きを成功させると5000円もらえる。

夏祭り「カタヌキのコツ」だがしかし

夏祭り「カタヌキのコツ」だがしかしより引用

静かに型を抜くほたる。完成して店番にもっていくほたるだが、ココノツたちは絶対に難癖つけられると予想するも店番のおじさんすらも感動する出来栄え、ほたるは独学で学んだという。見事5000円を獲得する。

それをみた、コウも3000円の傘に挑戦するも出来上がったものを持って店番に持っていく前に転んで壊してしまう。

夏祭り「カタヌキ」だがしかし

夏祭り「カタヌキ」だがしかしより引用

だがしかし 今回の感想

カタヌキ。きいたことはあるものの。やったことはない。型を抜くガムがあったような気がするけど、違うだろうし、その時も賞金はもらえない仕組みだった。カタヌキやってみたいな。東京のいくつかの神社の祭りや小学校の祭りに顔出した事あるけど、なかったな。

2015年6月17日発売 今週のサンデー29号「だがしかし」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です