銃夢 火星戦記 14 エーリカは屍人兵士

200年前に○したはずのエーリカ|銃夢 火星戦記

200年前に○したはずのエーリカ|銃夢 火星戦記より引用

銃夢 火星戦記 概要

銃夢シリーズの最終章。火星を舞台に描かれるガリィの原点。「銃夢」は、全身サイボーグの少女・ガリィが、機甲術(パンツァークンスト)と呼ばれる格闘術を駆使して、強敵と戦う姿を描くアクションSF漫画。

銃夢 火星戦記 今回のあらすじ

エーリカの攻撃がガリィを捕らえる。エーリカのカウンターの蹴りをまともに喰らったガリィは、宇宙船の残骸に激突して、宇宙船の残骸をさらにバラバラにするほどの威力だった。覆いかぶさった宇宙船の外壁を蹴り飛ばしガリィは立ち上がるも息を切らすガリィ。

ガリィはダンコに逃げてもいいというもダンゴは断る。ダンコは、電磁アッパーの直前にあった爆発のことを気にする。ガリィは近接爆弾術(クルツボムペクンスト)だと。超小型の爆弾を打撃の応酬のときにつけたのだろうと。素手の間合いでは完全に防ぐのは難しい。過去に闘ったものは爆発のための予備動作があったがエーリカにはなく、隙がないという。

エーリカの近接爆弾術(クルツボムペクンスト)|銃夢 火星戦記

エーリカの近接爆弾術(クルツボムペクンスト)|銃夢 火星戦記より引用

エーリカは残骸の上に立ち、買い被りかなと上から目線を変えない。

ダンコは、乱射する。ダンコの弾丸は軌道を変え、エーリカに向かって八方から囲むように飛んでいく。エーリカは自分の持っている弾丸を使って、全て軌道を変えてダンコの弾丸を地面に着弾させる。その隙に、ガリィが急接近してエーリカを捕まえようとするも、エーリカに蹴られ、腕の関節を決められてしまう。

エーリカは機甲術(パンツァークンスト)を忘れてしまったのかと嘆く。ガリィは、エーリカのことはホントに強いという。そして、○んでいるとはとても思えないと。エーリカは私が本気なら10回○んでよという。ガリィの言葉の意味は、200年前にガリィが○したという。その言葉にエーリカは一瞬硬直する。その隙を突いて、関節をとられていた腕を切断してエーリカの技から脱出するガリィ。

エーリカ|銃夢 火星戦記

エーリカ|銃夢 火星戦記より引用

エーリカは、○されたというなら私はなんだという。ガリィは、今のエーリカは屍人兵士(ネクロ・ソルジャー)だという。

エーリカを屍人兵士というガリィ|銃夢 火星戦記

エーリカを屍人兵士というガリィ|銃夢 火星戦記より引用

銃夢 火星戦記 今回のネタバレ感想

エーリカが、屍人兵士だとして、屍人兵士は生前の記憶もあるということか。操るためには記憶がないほうがいいのではないか。

2015年6月23日発売 今週のイブニング14号「銃夢 火星戦記」を読んで。


銃夢 火星戦記 14 エーリカは屍人兵士」への3件のフィードバック

  1. K

    感想ありがとうございます。
    今回のタイトルも教えていただけたら幸いです。

  2. soz 投稿作成者

    >Kさん
    コメントありがとうございます。
    今回のタイトルは「問答無用(後編)」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です