フェアリーテイル 442 ブランディッシュ・μ スプリガン12の一人が登場

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 概要

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)は、世界中に幾多も存在する魔導士ギルド。そこは、魔導士達に仕事の仲介などをする組合組織である。立派な魔導士を目指す少女・ルーシィは、ひょんなことから火を食べ、火を吐き、火を纏う滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)・ナツと喋る青い猫・ハッピーと出会い、彼の所属するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。ファンタジーバトル漫画。

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 今回のあらすじ

子供を助けるために兵を殴ってしまうナツたち。騒ぎを起こしている間にメストだけ別行動をして諜報員に会いに行くことにした。騒ぎで集まってきた兵も一掃してしまうナツたち。エルザはスターマンゴーを食べながら油断するなという。スターマンゴーを売っている屋台の主人はイシュガルにいってスターマンゴーを広めたいという。そして、イシュガル一のスイーツ店をつくると夢を語る。そんな主人の屋台も一瞬で吹き飛んでしまう。

アルバレス帝国軍ブランディッシュ隊所属マリン・ホーロウ|FAIRY TAIL(フェアリーテイル)

アルバレス帝国軍ブランディッシュ隊所属マリン・ホーロウ|FAIRY TAIL(フェアリーテイル)より引用

「合格!合格!」と拍手をする男が現れる。男はマリン・ホーロウというアルバレス帝国軍ブランディッシュ隊所属だという。夢を壊されたスターマンゴーの主人にはグレイが少ないけどと迷惑料を払いつつ、スターマンゴーの仇は私が討つとエルザが換装しようにも発動しない。

マリンは空間は私のものだという。「騎士(ザ・ナイト)」…別空間の武具を瞬時に装備する魔法のように空間系の魔法は使えないという。ルーシィが

「開け!人馬宮の扉」

とかけるも星霊魔法も空間系だからダメだという。そして、マリンは一つ言い忘れたといい。空間の掟を破った者は、くつろぎ空間に招待されるとエルザとルーシィは泡に包まれて消えてしまった。

ナツがどこにやったかと聞くもマリンは「くつろぎ空間」としか応えない。そして、ナツたちを不合格だという。そこに痛めつけられたメストが現れる。男が空間の魔法を使うんじゃねぇとキレるマリン。

ナツ|FAIRY TAIL(フェアリーテイル)

ナツ|FAIRY TAIL(フェアリーテイル)より引用

ナツは拳に炎をまとわせて殴るも当たらず、背後に回られる。振り向きざまに攻撃するも回避される。グレイの後頭部を蹴って高い屋根の上に移動する。空間を制する者が戦いに勝つと。

そこにマリンの仲間がやってくる。ブランディッシュ。スプリガン12の一人。とてつもない魔力にナツもグレイも青ざめる。

アルバレス帝国軍ブランディッシュ隊所属マリン・ホーロウ|FAIRY TAIL(フェアリーテイル)

アルバレス帝国軍ブランディッシュ隊所属マリン・ホーロウ|FAIRY TAIL(フェアリーテイル)より引用

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 今回のネタバレ感想

はやくもゴッドエレナと同格の魔力を持つスプリガン12の一人が登場した。でもそのまえにその部下であるマリン・ホーロウも激強い。そこまで広くない範囲だろうけど空間内ならどこでも瞬間移動し、空間の魔法は無効にする。そして、隠したら出現させたりすることができる。もう一つの空間があるということ。火と氷で倒せるか?メストの魔法が空間だから使えないだろうし。

2015年7月1日発売 今週のマガジン31号「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です