銃夢 火星戦記 15 ガリィの師匠ゲルクト現る

マイスター・ゲルクト | 銃夢 火星戦記

マイスター・ゲルクト | 銃夢 火星戦記より引用

銃夢 火星戦記 概要

銃夢シリーズの最終章。火星を舞台に描かれるガリィの原点。「銃夢」は、全身サイボーグの少女・ガリィが、機甲術(パンツァークンスト)と呼ばれる格闘術を駆使して、強敵と戦う姿を描くアクションSF漫画。

銃夢 火星戦記 今回のネタバレストーリー

エーリカ | 銃夢 火星戦記

エーリカ | 銃夢 火星戦記より引用

エーリカに屍人兵士(ネクロ・ソルジャー)だと告げるガリィ。エーリカは青ざめる。キルヴィッツァーは操り人形だった。でも私は違うと。

ガリィ | 銃夢 火星戦記

ガリィ | 銃夢 火星戦記より引用

ガリィは、私たちが憎み会うように仕向け、屍人兵士(ネクロ・ソルジャー)を操っている黒幕がいる。その者が私たちの敵だというガリィに知ったふうな口をきくなとエーリカは攻撃するもその攻撃をかいくぐり、ガリィはエーリカの頭部に蹴りを入れる。

エーリカとガリィ | 銃夢 火星戦記

エーリカとガリィ | 銃夢 火星戦記より引用

切断された自分の腕を拾い上げ、電気を流すことで「掴む」挙動をさせる。その切断された腕にエーリカの足を掴ませ、エーリカを地面にたたきつける。それの連続をする。

エーリカは昔のことを思い出していた。ガリィは生まれつきサイボーグだったため、手足の欠損する恐怖や動揺をしない。

エーリカは掴まれている足を自ら斬り、ガリィの攻撃から脱出する。

エーリカはクラシックしばりはやめて、最新のモダンスタイルで攻めると宣言する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です