ゴールデンカムイ 42 レプンカムイ(シャチ)の竜田揚げ

アシリパの村付近では、谷垣が少し動けるようになってきたため、無駄飯ばかり食ってられんと調達にでていた。村に帰ってきたらアシリパの家に誰かがいた。そこには、第七師団から失踪した尾形百之助上等兵と二階堂浩平一等卒だった。アシリパの祖母に肩揉みをしていた。

ゴールデンカムイ 今回のネタバレ感想

尾形も二階堂も杉元に仕返しがしたくて、アシリパの村まできたのだろう。しかし、谷垣相手にはどういう反応をとるだろうか。仲間とみなして、利用するだろうか。すぐには○しはしないだろう。罠を仕掛けるためには、谷垣を使うだろう。

2015年7月16日発売 今週のヤングジャンプ33号「ゴールデンカムイ」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です