名探偵コナン 926 灰原がアイドルに噛み付く

灰原「ないわ」 | 名探偵コナン

灰原「ないわ」 | 名探偵コナンより引用

名探偵コナン 概要

名探偵コナンは、謎の組織によって体を小さくされた小学生探偵・江戸川コナンが、組織の行方を追いながら数々の事件を解決していく活躍を描いたミステリー推理漫画。

名探偵コナン 今回のネタバレストーリー

イタリアンレストラン飛鳥オーナーの○害現場には警察もやってきた。

被害者は31歳のレストランオーナー。

○亡推定時刻は午後7時過ぎから8時前の1時間。

○因は、頚動脈切断による出血○。

凶器は、体の傍らに落ちていたカッターナイフ。

バックヤードにあったナイフのひとつがなくなったのでそれが凶器だと思われる。

第一発見者は、比護隆介と沖野ヨーコ。

比護 沖野 | 名探偵コナン

比護 沖野 | 名探偵コナンより引用

警部は、何故倉庫にいたのかを聞くと、ウエイターに案内された。倉庫につれてくるようにとメールがきたという。飛鳥オーナーとの関係は、比護は高校サッカー部のOBで頼みごとがあって会う約束をしていた。沖野ヨーコは同じ高校の卒業生だという。

メールは直接こなかったのかと聞くと、沖野ヨーコはそこまで親しくないと。比護はどこかで携帯をなくしたという。

灰原 | 名探偵コナン

灰原 | 名探偵コナンより引用

刑事のひとりが比護と沖野ヨーコが付き合っているのかと聞くと、毛利小五郎と灰原が比護と沖野に詰問する。

スタッフにも事情を聞く。

最初は夜7時頃に山田と鴻江がバックヤードを見て、伴場は倉庫。バックヤードではソファに布団がかかっているだけの状態だった。

その後、10分後ぐらいに伴場がバックヤードを探したときには飛鳥オーナーはソファで寝ていたと涙ながらに語る。

その10分後に山田が起こしにいったら居らず、鴻江にメールで比護と沖野を倉庫につれてくるようにと。

そのメールが7時30分頃だという。

倉庫に案内して入り口で呼びかけても返答がなかったので比護と沖野をおいてバックヤードに戻ってみた鴻江。そこで沖野の悲鳴が聞えたと。

ウエイターが戻ってこないので倉庫を中を見回っていたときに体を見つけたと。その時の時刻は7時50分頃。

比護 沖野 容疑者入り | 名探偵コナン

比護 沖野 容疑者入り | 名探偵コナンより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です