名探偵コナン 927 比護に頭撫でられて灰腹が興奮

灰原、頬赤らめる | 名探偵コナン

灰原、頬赤らめる | 名探偵コナンより引用

名探偵コナン 概要

名探偵コナンは、謎の組織によって体を小さくされた小学生探偵・江戸川コナンが、組織の行方を追いながら数々の事件を解決していく活躍を描いたミステリー推理漫画。

名探偵コナン 今回のネタバレストーリー

警部は、容疑者の行動をおさらいする。

レストランのオーナー飛鳥の帰りが遅いので、ソムリエ山田、ウエイター鴻江、ウエイトレス伴場の3人で探すことになる。

店のスタッフの控え室であるバックヤードに山田、鴻江が探し、伴場は地下室に探しにいくもいずれも見つからず。伴場は倉庫の奥まで探した。

そして、10分後、再びオーナーを探すことになる。

倉庫に山田。トイレに鴻江。バックヤードに伴場。バックヤードではオーナーが頭から毛布をかぶってソファに寝ていたのを見つける。顔は見てない。

さらに10分後、山田がバックヤードにオーナーを起こしに行くとおらず、鴻江にメールで、比護とヨーコを倉庫につれてくるようにメッセージが届く。

鴻江は比護とヨーコを倉庫に連れて行く。倉庫の入り口でオーナーを呼ぶも返事がなく、鴻江は比護とヨーコを倉庫の入り口に置いて山田、伴場のところに戻る。

倉庫で待っていた比護とヨーコが倉庫の置くでオーナーを見つける。

バックヤードと倉庫にはいつも鍵がかかっていて、その鍵はスタッフがいつも目にできる廊下の入り口にかけてあり、勝手に持ち出すことはできない。合鍵を持っているのはオーナーだけ。

鴻江が、比護とヨーコを倉庫に連れて行った時は鍵がかけてあった。

そこまでいうと警部は、犯行が可能なのは比護とヨーコだという。

毛利小五郎がヨーコを庇い、比護に反抗をなすりつけようとする。

毛利小五郎 | 名探偵コナン

毛利小五郎 | 名探偵コナンより引用

そこにコナンが麻酔針を、小五郎に打ち込み、ソファに座らせ眠らせる。

コナンが小五郎に代わって推理を始める。

変だと思いませんかと。最初にバックヤードを探した人数。こんな部屋1人いれば一目でいるかわかるのに探したのは山田、鴻江の2人。

倉庫のほうが○角も多く、探す人数を増やしたほうがいいのに、なぜそうしたか。

オーナーがバックヤードにいないことを第三者に確認させたかったと。

警部は、山田と鴻江をみてどちらかが犯人かと怪しむ。すると山田も鴻江も言いつくろいをはじめる。山田はバックヤードにいたのは数分だというとコナンは一瞬だと反論する。

一瞬で出現させたという。

名探偵コナンの推理 | 名探偵コナン

名探偵コナンの推理 | 名探偵コナンより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です