神さまの言うとおり弐 120 新宿で三国ドロケイ

明石 | 神さまの言うとおり弐

明石 | 神さまの言うとおり弐より引用

神さまの言うとおり弐 概要

神さまの言うとおり弐は、古来から知られている遊びや事物を基にした○人ゲームで単純明快なルールの下で生○を分ける戦いが繰り広げられるサバイバル・シチュエーション・ホラー漫画。

神さまの言うとおり弐 今回のネタバレストーリー

マナ・フォンの性能 | 神さまの言うとおり弐

マナ・フォンの性能 | 神さまの言うとおり弐より引用

キングを捕まえに教室を出て廊下を走る明石。敵のキングはマナ・フォンで探すという。半径30m範囲で敵味方の位置がわかる。

3つの牢屋と砂時計 | 神さまの言うとおり弐

3つの牢屋と砂時計 | 神さまの言うとおり弐より引用

教室のいくつかが牢屋になっていた。捕まえたものが入るものだろうと。ただ、砂時計みないなものがわからない。牢屋が3つあるのも気になる。

王に反抗する者 | 神さまの言うとおり弐

王に反抗する者 | 神さまの言うとおり弐より引用

そこに他のメンバーもやってきて、明石を止めに来る。キングが最前列で戦う危険なマネはさせられないという。学校にいて皆に守ってもらえと。

明石は嫌だという。明石は、キングである前に一人の兵でありたいという。戦わせてくれという。

明石 | 神さまの言うとおり弐

明石 | 神さまの言うとおり弐より引用

それでも聞き入れてもらえない。明石は自分を掴むメンバーの手首をひねり上げ、「○なねぇ」と脅す。その形相にたじろぐメンバー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です