ゴールデンカムイ 44 伝説の猟師・二瓶鉄造の教えが谷垣に宿る

尾形は煙幕をまいてその間に逃げると踏んで、アシリパの家に近づくために移動を始める。

アシリパの祖母 | ゴールデンカムイ

アシリパの祖母 | ゴールデンカムイより引用

谷垣は反対側の壁に穴をあけて、アシリパの祖母に謝り、直しに戻ってくるという。アシリパの祖母は谷垣をお守りくださいと祈り、オソマはアシリパがリュウのためにねるところに隠しておいたものを谷垣に渡す。

ヒグマ○しの猟師、二瓶鉄造の単発銃だった。

裏から逃げた谷垣。二瓶の銃には1発しか弾が入っていない。しかし、谷垣は最初の一発で決められなかったことを後悔させてやると意気込む。

ゴールデンカムイ 今回のネタバレ感想

土方の「複製を作れ」とは何の複製だろうか。

二瓶の哲学が谷垣に宿るか。

「五発あれば五回勝負できると勘違いする」
「一発で決めねば○される」
「一発だから腹が据わるのだ」

でも相手は二人だけど1発で2人を打ちぬくか。

2015年8月6日発売 今週のヤングジャンプ36・37合併号「ゴールデンカムイ」を読んで。


ゴールデンカムイ 44 伝説の猟師・二瓶鉄造の教えが谷垣に宿る」への4件のフィードバック

  1. いかあくま

    >>土方の「複製を作れ」とは何の複製だろうか。

    ↑刺青人皮の複製じゃないかな?
    初登場時、土方が油紙で作れる旨を牛山に伝えてる。

  2. soz 投稿作成者

    >いかあくまさん
    刺青人皮ですかね。土方が白石が持っていると思っている刺青人皮の複製という意味か。
    すると、土方的には白石は用済みと思ったのだろうか。命は助けてやるかわりに複製を作れということかな。

  3. いかあくま

    第七師団と同じく杉元一行を泳がせて刺青人皮を回収させてから奪う気なんじゃないかと。

    杉元を追っていれば、それを追っている第七師団にも近づけるので、
    刺青人皮全回収にも繋がるからじゃないかと。

  4. soz 投稿作成者

    >いかあくまさん
    第七師団も土方一派も自分たちが持っている刺青を奪われない自信があるからでしょうね。
    そこに尾形の勢力ができて、今後複雑化していくのか、尾形勢力は谷垣に潰されてしまうのか。
    今後が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です