神さまの言うとおり弐 122 ハンナ・フェリックスと天馬の一瞬見える

センターカラー表紙 | 神さまの言うとおり弐

センターカラー表紙 | 神さまの言うとおり弐より引用

神さまの言うとおり弐 概要

神さまの言うとおり弐は、古来から知られている遊びや事物を基にした○人ゲームで単純明快なルールの下で生○を分ける戦いが繰り広げられるサバイバル・シチュエーション・ホラー漫画。

神さまの言うとおり弐 第122話ネタバレストーリー・あらすじ「サーカス」

星の国と交戦を始めた明石たち月の国。星の国が天馬に迫る。

天馬 | 神さまの言うとおり弐

天馬 | 神さまの言うとおり弐より引用

ジェイクと合流した明石とハンナ。マナフォンの機能を確認しながらチェックしながら進んだほうが良いという。

マナフォンは、半径30メートル以内の範囲にいる敵・味方を表示。名前、顔、ジョブが表示され、通話およびメッセージを送れる。敵のポイントにタッチしても何もでてこないことがわかる。

スナイパーライフルの性能 | 神さまの言うとおり弐

スナイパーライフルの性能 | 神さまの言うとおり弐より引用

ハンナはジェイクのライフルのことを聞く。弾丸は無限に撃てるが1発撃つたびに次弾装填まで約6秒かかるという。

そういってジェイクは建物の外にいる獲物を撃つ。動けなくなったところをタッチしにいく。

明石はジェイクのことを素直に褒める。何者だと聞くとハンナは応える。ジェイクは「ミルク・ドゥ・サーカス」世界一有名なサーカス団の曲芸ピ色香だという。射的・ジャグリング、何でも出来るスペシャリスト。

ジェイクは余計なことをいうなというと明石は素直にカッコイイという。

ジェイクのライフルで動きを止めた星の国の者は「かかったな」と不敵に笑う。

その直後、明石が撃たれて60秒動けなくなる。

ハンナは明石を掴んで、ジェイクと咄嗟にライフルの弾から避ける。

ハンナ・フェリックス | 神さまの言うとおり弐

ハンナ・フェリックス | 神さまの言うとおり弐より引用

ジェイクはマナフォンで敵を確認。ビルの上に2人。上から2人が接近。ハンナの後ろから2人が接近しているという。ジェイクはハンナに接近してきた4人は任せたと、上から狙っている2人を追って移動する。

ハンナは後ろからやってきた男の顔を踏み台にして、明石を抱えたまま宙返りをする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です