神さまの言うとおり弐 124 月の国のキング明石が捕まる絶体絶命のピンチ

太陽の国に捕まる明石 | 神さまの言うとおり弐

太陽の国に捕まる明石 | 神さまの言うとおり弐より引用

神さまの言うとおり弐 概要

神さまの言うとおり弐は、古来から知られている遊びや事物を基にした○人ゲームで単純明快なルールの下で生○を分ける戦いが繰り広げられるサバイバル・シチュエーション・ホラー漫画。

神さまの言うとおり弐 第124話ネタバレストーリー・あらすじ「これは戦争です」

不思議な形の塔にやってきた明石たち。塔の中に入ると、大きな空洞のワンフロアになっている。

地面には、太陽、月、星のマークがあり、中央には階段がある。

壁に貼り紙あり、この三国ドロケイのフィールド地図があった。

太陽の国は池袋。星の国は秋葉原。月の国は新宿 | 神さまの言うとおり弐

太陽の国は池袋。星の国は秋葉原。月の国は新宿 | 神さまの言うとおり弐より引用

あの見えない壁は山手線で、月の国が新宿、太陽の国が池袋、星の国が秋葉原と書かれてある。

ジェイク | 神さまの言うとおり弐

ジェイク | 神さまの言うとおり弐より引用

ジェイクは、この場所はゲームクリアのキーブレイスかと考える。

この塔の目的はきっとこれだとハンナは中央の階段をあがったところにいる。

オペレーションシステムを見つけるハンナ | 神さまの言うとおり弐

オペレーションシステムを見つけるハンナ | 神さまの言うとおり弐より引用

そこはコンピュータが置かれているオペレーションシステムではないかと。役職「オペレーター」の人がここで能力を使うんだと思うと。

画面にはオペレーションシステムの項目が並んでいる。

1.レーダー強化
味方のレーダー範囲が100mになる

2.マナ・フォン強化
全プレイヤー同士がどこにいても通信・メッセージ出来る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です