グラゼニ 東京ドーム編 44 再来年の次の年以降を見据える凡田夏之介とダーティー桜塚

ふっかけようとするダーティ桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編

ふっかけようとするダーティ桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

グラゼニ 東京ドーム編 概要

成果主義であるプロ野球においての「カネ」をテーマとした作品で試合描写よりも金勘定の話がメインとなる。プロ野球を題材とした漫画としては珍しく主人公が左の中継ぎ投手という比較的地味なポジションであり、その視点から描くことで超格差社会であるプロ野球のシビアな世界がより強調されている。球界マネーサバイバル漫画。

グラゼニ 東京ドーム編 第44話ネタバレストーリー・あらすじ「幸せな則川ツー」

2DKのマンションの則川邸で婚姻届に署名する則川。色黒の女性と結婚する。結婚式をするわけでもなく、届出をするだけ。

則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

結婚式を挙げないのではなく、挙げられない。理由は結婚式をして招待客の中に結婚相手の女と昔付き合っていた野球選手が何人混じってくるかわからないという。

この女はある意味有名な女だった。でも則川は、女の過去は聞かないことにしているし、女も喋らない。

則川の女の過去 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の女の過去 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

結婚式の返りに則川があの女とよく結婚したよなという会話が聞こえてくると。だから結婚式ができないという。

則川の結婚観 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の結婚観 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

女もそういう自覚があるから結婚式をやりたいとは言い出さない。則川はでもこの女でいいと考える。キレーでバカで何より明るい。田舎者でモテなかった自分には上玉の女を掴まえたと考える則川。

女は知っているという。則川がプロ野球界でずっと勝ち続けていること。そうじゃなくちゃ優勝の瞬間にマウンドの上にいないよね?と則川に聞く。


グラゼニ 東京ドーム編 44 再来年の次の年以降を見据える凡田夏之介とダーティー桜塚」への2件のフィードバック

  1. モキエル

    骨はよほどの重傷でないのなら強化されますが、
    腱は傷めると弱体化しかありませんからね。

    少なくとも今以上の活躍は絶対できませんね。
    口約束とか絶対に痛い目を見ますね。

  2. soz 投稿作成者

    >モキエルさん
    ケガしてただでさえ、これから頑張れないといけない夏之介なのに、その前段階ですでに崖に立たされている(口約束契約だから)。うーむ、これもグラゼニだからこそのヤキモキするストーリー展開なのか。。。でもグラゼニだからこそ、夏之介だからこそ、金のことは執着して考えて欲しかった。2000万円のボーナスと取りに行くために頑張っていた夏之介なのに、なぜこうもあっさりと口車にのってしまっているのだろうか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です