嘘喰い 436 エアポーカーのカードに記された数の正体(法則)

エアポーカーのカードの数字はポーカーの役の合計数 | 嘘喰い

エアポーカーのカードの数字はポーカーの役の合計数 | 嘘喰いより引用

嘘喰い 概要

嘘喰いは、実在・オリジナルを問わず、幅広い種類のギャンブルやゲームが取り上げらるギャンプルバトル漫画。駆け引きなどが重要視される「頭脳バトル漫画」には珍しく、肉体的な「○力」も大きなテーマの1つとなっている。お互いに対等の○力を持っていて初めて勝負が成り立つという現実的な展開に基づいている。

嘘喰い 第436話ネタバレストーリー・あらすじ「窒息の最中」

2回戦でのBetで斑目獏は全エアを賭け、0エアとなる。呼吸分のエアまで賭けてしまった斑目獏は、呼吸をストップさせる。

斑目獏が「39」。ラロは「8」という数字のカードで勝負をかける。

梶 | 嘘喰い

梶 | 嘘喰いより引用

しかし、ラロは長考する。獏の「39」がどうか以前に獏を窒息○させる気だと梶はいう。外野もコールかフォールを早くしろとラロに野次が飛ぶ。

ラロの狙いはこれだった。1エア賭けも獏の呼吸中のエアをなくすため。それでも獏がエアをチェンジしないと踏んでの実行。獏は30秒以上無呼吸で耐えなければならない。

外野から更なるブーイングがラロに飛ぶ。

獏は落ち着いて静かに数えろと自分に言い聞かせる。20、19、18、17、16、15、14、13と自主カウントしていくが実際のカウントはまだ残り17秒だった。獏はとてつもなく長く感じる。ストレス、緊張に加え、体温低下による消費酸素の増大。これまでの思考のツケが回ってきて体がエアを欲する。

外野はラロを罵る。

ラロの憶測 | 嘘喰い

ラロの憶測 | 嘘喰いより引用

ラロは獏の顔を覗き込む。「39」に自身があるのか。それとも運のみにかけたのか。それとも降りると踏んでのハッタリか。

ラロの思考 | 嘘喰い

ラロの思考 | 嘘喰いより引用

ラロは考える。例え「39」が勝ったとしてもそこから更に20秒以上の無呼吸が待っている。降りれば、呼吸までの時間短縮につながる。合理的に考えて「降り」はないとラロがやっとコールする。

15エアでBet成立。

獏の笑み | 嘘喰い

獏の笑み | 嘘喰いより引用


嘘喰い 436 エアポーカーのカードに記された数の正体(法則)」への2件のフィードバック

  1. Machild

    横から失礼します.
    毎週楽しみにブログ拝見させていただいています.
    今週の嘘喰いを読んで思ったのですが,数の合計数で考えられる最大の役を「作る」のではないでしょうか?

    前回ですと,「36」と「15」でしたので,
    「36」で考えられる最大の役は8のフォーカード(8,8,8,8,4)
    「15」で考えられる最大の役はストレートフラッシュ(1,2,3,4,5)

    今回,獏さんの選択した「39」で作ることが可能な最大の役は,「9,9,9,9,3」のフォーカード,ラロの選択した「8」で最大の役は「1,1,1,1,4」ですが,前回の勝負でラロが「1,2,3,4,5」を作る際に,「1」を既に使用しているために,今回はフォーカードの次に強い「2,2,2,1,1」のフルハウスとなるのではないでしょうか?

    特殊なケースでの敗北はエアを破棄するなど,まだまだわからないことが続きますが楽しみですね.

    駄文長文すみませんでした.

  2. soz 投稿作成者

    >Machildさん
    おお、素晴らしい。
    法則はMachildさんの予想の「数の合計数で考えられる最大の役を「作る」」を「提出されているカードから数値を決定していく」ということでもありますよね?
    つまり、
    獏 25,26,36,39,45
    ラロ 8,15,44,47,66
    の数値全てに当てはまるように数値を割り当てるのではなく、提出された時点で残っている数値とマーク(色)を使用して「最大の役を作る」ということですよね。

    カードを持っているだけでは、どの数値のカードが強いかは不確定で、提出した時点で決定されるということなら、n回戦ごとに思考しないといけないので獏やラロにとってエア消費につながる。

    今回、ラロが出した「8」という小さな数値はエアポーカーの法則を見極めるのにより効果的な数値ですね。
    ラロはそれを見込んで出したのか。ラロも完全にはわかっていない様子。2と1のフルハウスになると分かっているなら出さないだろうし。

    素晴らしい着眼点ありがとうございます。
    次回の嘘喰いもますます考察面白くなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です