勇午Final 最終話 ドゥフとの交渉終結

最終話 | 勇午Final

最終話 | 勇午Finalより引用

勇午Final 概要

交渉人勇午の最終章。勇午史上最悪にして最凶な事件が襲い掛かる。人が人を食う事件が広がり、それを起こしている人物に近づこうとする勇午であったが、勇午自身も襲われてしまう。交渉に失敗すれば人類同士の大量虐○が永遠に続く。

勇午Final 最終話ネタバレストーリー・あらすじ「交渉人」

ハンナは銃口を父親に向ける。

勇午はハンナを止めようとするもハンナは、父親が行った罪を○んで償い、自分がすべての罪を背負う覚悟で涙を流す。

勇午は、ハンナの背負うべき罪ではないと説得するもハンナは、父親のF小麦と自分の研究のせいだからという。

勇午は、ハンナに引き金を引けば、ハンナの研究はただの○人兵器になると脅す。

その間にもハンナの父親は、スマートフォンでドローンを操作しようとする。

銃声が鳴り響く。

勇午は、ハンナの拳銃を抑える。

銃声は、遠くの建物から打たれたスナイパーの銃声。ジジがハンナの父のスマートフォンを打ち抜いたのだ。

ドローンは操作できなくなる。

これでアヤソフィアの惨劇はなくなった。

ハンナは叫ぶ。拳銃を抑えられたハンナは、勇午を振りほどこうとする。

勇午は、残る「永久機関」も止めることができるとハンナにいう。

その言葉で、ハンナは拳銃から手を放す。

最終話 | 勇午Final

最終話 | 勇午Finalより引用

ハンナの父親は、「永久機関」を止められるという勇午の言葉を鼻で笑う。

勇午は、4、5日フランツ小麦の摂取を止めれば、レセプターは消えると断言するもハンナの父親は、砂漠で育つフランツ小麦の栽培を止められる者はいないと豪語する。

しかし、勇午は、ハンナがレセプターを作らないフランツ小麦をつくるという。全ての罪を背負うという覚悟がある彼女なら遠くない未来に人畜無害なフランツ小麦が完成するでしょうと。

あなたが慈しみ育てた娘こそ「ドゥフ」の誤算だと勇午はいう。

この交渉で残った希望だという。

ハンナの父は勇午を有能なのに有色人種ということ憂い、自分がいなくなっても第2第3のドゥフが現れるという。

最終話 | 勇午Final

最終話 | 勇午Finalより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です