神さまの言うとおり弐 136 魔法少女ちゅうかないぱねま、ではないイパネマのジョブはスパイ

イパネマのジョブはスパイ | 神さまの言うとおり弐

イパネマのジョブはスパイ | 神さまの言うとおり弐より引用

神さまの言うとおり弐 概要

神さまの言うとおり弐は、古来から知られている遊びや事物を基にした○人ゲームで単純明快なルールの下で生○を分ける戦いが繰り広げられるサバイバル・シチュエーション・ホラー漫画。

神さまの言うとおり弐 第136話ネタバレストーリー・あらすじ「異分子は太陽を目指す」

丑三が明石を求めていたことで、ファトマの予知絵を描かせる。

そこには、明石と丑三が太陽をやっつける絵が描かれてあった。

後ろには仏像も描かれていた。

紫村はその仏像に見覚えがあった。

『独離腐寺(ドリフじ)』の『阿院像』と『屁吽像』 | 神さまの言うとおり弐

『独離腐寺(ドリフじ)』の『阿院像』と『屁吽像』 | 神さまの言うとおり弐より引用

『阿院像』と『屁吽像』だという。

志村けんと加藤茶の一発ギャグのような像。

紫村は続けて、その像がある『独離腐寺(ドリフじ)』はフィールド内にあるという。

ユキオは、『独離腐寺(ドリフじ)』で明石と丑三が太陽を倒す。これが今回の予知絵の暗示だという。

残っている勢力で、星月同盟の総力を上げて太陽を倒しにいくと意気込む皆に紫村は驚く。

これも丑三のおかげだと例を言うも丑三は、歩き出していた。丑三は、とにかくそこにいって明石とリリィという太陽のボスを倒せばいいんだなという。

○してはダメだとユキオがいうと。丑三は明石に逢えればそれでいいという。

ファトマが、兄を呼び、丑三の手を握る。

丑三は、君の兄ではないと否定するもファトマは兄がどこにいるかを聞く。

ユキオは、ファトマがあまりコミュニケーション能力に優れていないことを丑三に忠告する。

丑三はファトマに逢いたい人がいるのかと聞くとファトマは「お兄」と答える。

丑三とファトマ | 神さまの言うとおり弐

丑三とファトマ | 神さまの言うとおり弐より引用

丑三は、俺もだとファトマの手をとって、一緒に探そうと歩き出す。

二人が気が合うようだ。

丑三が倒した太陽の兵が瓦礫から這い出てくる。

一方、管制塔前ではイパネマたちを建物の影から見ているものがいた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です