はじめの一歩 1126 山口のオッパイに翻弄された鷹村が向かった先は…

東洋太平洋フェザー級王者 宮田一郎vsルイシト・イコー | はじめの一歩

東洋太平洋フェザー級王者 宮田一郎vsルイシト・イコー | はじめの一歩より引用

はじめの一歩 第1126話ネタバレストーリー・あらすじ「精神修行」

山口の女性に翻弄された鷹村が向かった先は…。

山奥で巻き割りをする鷹村。

ものすごいスピードで薪を割る。

そこに鴨川源二会長の現役時代のライバルであり拳友・猫田がやってきて、割った薪の量に驚く。

鷹村は精神修行にもってこいだという。

戦闘能力には自信がある。だがあれしきのことで心が乱れるとは人間としてまだまだぬるいと額に汗する鷹村。そんな鷹村に何があったかと聞く猫田。

山口女医の女性に翻弄された鷹村、猫田に説明するも状況が想像できない猫田 | はじめの一歩

山口の女性に翻弄された鷹村、猫田に説明するも状況が想像できない猫田 | はじめの一歩より引用

鷹村は、「足の裏をオッパイが往復したんだ」という。

その言葉に猫田もビックリ。状況がさっぱりつかめない猫田。しかし、鷹村には、男としては仕方ないと励ます。

飯にする猫田。

統一王者がきてくれたとあって歓迎すると鷹村を快く迎え入れる。

鷹村が、統一王者になった自分をもっと敬意を払うべきだと周囲のことをグチる。

猫田は、統一王者の重みがわかっていないと鷹村を肯定する。

猫田は、ライバルである鴨川会長は分かっているという。その言葉に、鷹村は素直になれない。

猫田は、鴨川会長のことを元気になっているかと聞く。

鷹村は、鴨川会長のことになると素直になれない。

鷹村は、調味料入れから掌に少しだけ、ペロっと舐めて味を確認してから飯に振り掛ける。

調味料を褒める。猫田は秘伝の調味料だという。

臭みを消す調味料だというと鷹村は、いま食べているのは小熊の肉かと聞く。猫田は猪だと応える。

鷹村は秘伝の調味料は売っているのかと聞くと猫田は自家製だという。

猫田の秘伝の調味料は、インドネシアの最高級コーヒーからヒントを得て真実を知る鷹村 | はじめの一歩

猫田の秘伝の調味料は、インドネシアの最高級コーヒーからヒントを得て真実を知る鷹村 | はじめの一歩より引用

猫田は、インドネシアの最高級コーヒーからヒントを得たという。そのヒントというのは、ジャコウネコにコーヒー豆を食べさせて、未消化の糞から採取するという。猫田は秘伝の調味料を、山椒をメインにいろいろ食べてもらって糞からとったという。そして、乾燥させて磨り潰して出来上がりだという。

そこまで聞くと鷹村の表情が曇る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です