はじめの一歩 1128 千堂が頭から血噴出しながらプロポーズ

幕之内一歩を待つ理由の核心はリカルド・マルチネスに手を出していないことだと言い切る千堂武士 | はじめの一歩

幕之内一歩を待つ理由の核心はリカルド・マルチネスに手を出していないことだと言い切る千堂武士 | はじめの一歩より引用

宮田のセコンドは、自信満々にいう千堂に、宮田一郎は違うことを考えているかもしれないぞというも千堂は、図星だという。理由は、リカルド・マルチネス。歴史に残る王者が同階級の手の届くところにいるのに手を出さない理由があるという。

セコンドは千堂に洞察を鋭いととらえる。

千堂は続ける。

誰にでも理想の台本はある。しかし、現実はうまくいかない。理想とズレて変わる。そういうときは、自分で書き換えるしかないという千堂。

宮田一郎は千堂の台本の一つだったがそれもヤメだという。鶏がらみたいなやつをしばいても自慢にならないという。そこまで頑固な宮田のセコンドも苦労するなと同情すると笑う千堂。

宮田のセコンドは、千堂のセコンド柳岡を思い出して、柳岡にも同情すると思った。

一歩と中学の教師が待つ玄関にやってくる千堂。

一歩は、先生から聞いた話を千堂にいうと、そんな暢気な一歩のせいでみんなのシナリオが狂ったのはわかったるのかと怒鳴り、一歩の胸倉を掴む。

先生が千堂を○力はいけないと叱ると千堂はすぐにいうことを聞く。

その素直なところを一歩は笑うとまた○れようとする千堂。

喫茶店に行き、落ち着いた三人。一歩は、積もる話もあるだろうからと席を立とうとすると千堂が止める。

先生は、突然呼び出してどういう風の吹き回しかと千堂にいう。一歩も学校の仕事が大変ですよねというと、千堂が、先生ではないやろ?と先生本人に聞く。

千堂は切り出す。ずいぶん前に離婚したと同時に教師も辞めたと。相手の夫は酒を飲むと人が変わるのもダイブ我慢していたのも知っていると。そこまで知っていると隠すこともできないと思い、かっこ悪いわという先生。

千堂は、ばあちゃん情報だという。ばあちゃんの店に客が地蔵参りのように話かけてくるからと。

先生は、千堂に用件を聞く。かっこ悪い話を聞きたいの?と聞くも千堂は過ぎたことはどうでもいいという。一歩は、内心、自分の存在がこの場で一番どうでもいいと思いながら飲み物を飲んでいた。

千堂の突然の殴れに拒否をする幕之内一歩 | はじめの一歩

千堂の突然の殴れに拒否をする幕之内一歩 | はじめの一歩より引用

突然、千堂が一歩に自分を殴れと言い出す。

当然、一歩は嫌だ無理だというも千堂は殴らないとこっちから殴るとけしかける。

嫌だ無理だという一歩に殴りかかる千堂。一歩は条件反射で左で千堂を殴る。

千堂は、血を流しながら気合が入ったと起き上がり、先生に自分の家にこないかと電撃告白をする。

はじめの一歩 第1128話ネタバレ感想・考察

千堂が戦闘態勢になったものだから反射的にパンチを打ってしまう幕之内一歩 | はじめの一歩

千堂が戦闘態勢になったものだから反射的にパンチを打ってしまう幕之内一歩 | はじめの一歩より引用

グローブなしで殴られたら頬骨骨折してるんじゃないか。。。

2016年2月3日発売 今週のマガジン10号「はじめの一歩」を読んで。

はじめの一歩 概要

はじめの一歩は、母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門してプロボクサーを目指し、活躍するボクシング漫画。

はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

週刊少年マガジンは、毎週水曜日発売の週刊少年漫画雑誌。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です